てきとうにサクッとDNSサーバを立てる using Docker

macOSでやった。Docker (docker-compose) を使う。

この前作ったコレを使うと何も考えずにできる。

github.com


使い方。
当該リポジトリをcloneしてくる

$ git clone https://github.com/S64/dockerfile-dns.git
$ cd dockerfile-dns

同梱のdocker-compose.example.ymlを元に、docker-compose.ymlをつくる。

$ cp docker-compose.example.yml docker-compose.yml # .gitignoreで無視してるので安心して

以下のようにして立ち上げられる。

$ ./up_daemon.sh

または、これでそのまま立ち上げられる。

$ docker-compose up # --force-recreate --build -d
# docker-machineを使ってる場合は `docker-compose $(docker-machine config yourmachinename) up`

以下で停止できる。

$ ./down_daemon.sh

または、これでそのまま停止できる。

$ docker-compose down # --rmi local
# docker-machineを使ってる場合は `docker-compose $(docker-machine config yourmachinename) down`

解決したいドメインの追加はdocker-compose.ymlを編集すればできる。/services/dns/extra_hosts/*の位置にFQDNを書く。たとえば以下のように。

...
      - 8.8.4.4
    extra_hosts:
      - "example.dev:93.184.216.34"
      - "yourawesomedomain.local:192.168.0.1"
    cap_add:
...

上流のDNSサーバは/services/dns/dns/*で追加できる。

...
    restart: always
    dns:
      - 8.8.8.8
      - 8.8.4.4
      - 192.168.0.1
...
    extra_hosts:

標準ではdockerデーモンと同時に自動起動するので、手動で立ち上げるようにしたければ/services/dns/restart"no"変える。

...
      - "53:53/tcp"
    restart: "no"
    dns:
...

疎通 / 解決チェック。ローカルマシンで見る場合は

$ nslookup example.dev 127.0.0.1
# docker-machineなら nslookup example.dev $(docker-machine ip yourmachinename)

LAN内の他マシンから見る場合は、まずこちらの記事を参考に自分のIPアドレスを取る。

blog.s64.jp

いちおうこんな感じ。

# on macOS
$ ipconfig getifaddr en0 # 使ってるネットワークif

んで、他のマシンからnslookupする。

$ nslookup example.dev 192.168.0.xxx # さっき取ったIPへ試す

DNSサーバは53番ポートを使うので、もし上手く行かない場合はこちらをチェック。

blog.s64.jp